最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

海外セレブと広告塔

  1. 海外セレブと広告塔|
  2. その他|
海外セレブは、ビジネスに特化した存在です。
実は、海外セレブにはとても大きな役割があるのです。
それは「広告塔」です。

広告塔としての役割を担う海外セレブは、自分自身のイメージがそのままその広告効果につながるということを知っています。
そのため、より注目を集める存在であり続けるように、より過激な行動を取るのです。
このあたりは、同じくブランド志向である日本と比較しても、少し意味合いが異なっているのではないでしょうか。

海外セレブが身に付けたファッションは非常に多くの人に注目を集めます。
それが、色々な会社にとって有益な広告となるのです。
日本との違いは、そのビジネス色がかなり濃い点です。
「海外セレブというのはこういう役割を担っている」ということが浸透しているからです。
そういう意味では、よりプロ的なものが求められているのかもしれません。

ついに楽天が優勝

  1. ついに楽天が優勝|
  2. その他|
楽天が日本シリーズで優勝、初日本一となりました。おめでとう!
第7戦までもつれたので、見ている側にとっては楽しませてもらいました。

楽天が日本一となったことで、楽天市場では優勝セール2013を開催しています。
77%offとか、ポイント最大82倍もらえるとか、なんだか凄そう。

被災地の方、球団創設9年目など、日本経済全体のことを考えると、今年は楽天が優勝した方がよかったのかもしれませんね。

それにしても、田中投手の連投はびっくりでありえないことですね。奥さんの里田まいちゃんは「早くゆっくり休ませてあげたい」とコメント。本当にお疲れ様でした。

注目を集める海外セレブ

  1. 注目を集める海外セレブ|
  2. その他|
有名芸能人はかつて「スター」という呼ばれ方をされることが一般的でしたが、近年海外では「セレブ」という言葉をよく用いるようになっています。

これに財界人や政治家を加え、総称として「海外セレブ」という言葉を使うのが一般的となっています。
お金を持っていそうな人達、というニュアンスであることは変わりありませんが、より限定的な言葉として、近年では使われているようです。

海外セレブの登場によって、日本でも若者のファッションをはじめ、色んな点に影響が現れています。
ハリウッド女優や人気映画の主演俳優に憧れる日本人は、かなり多いですね。

2000年代後半になって、新たな憧れの対象として「海外セレブ」という存在がクローズアップされるようになってきました。
ただ、セレブという定義が曖昧なこともあり、海外セレブとはどの層を指すのか、今ひとつはっきりしない部分もありますし、ピンとこない世代には全くピンとこない言葉となってしまっています。

海外セレブの定義を考えた場合、やはり「セレブ=経済的に豊かな人」という構図が一般的である以上、海外のお金持ちの人という定義が最も妥当でしょう。
ただ、お金持ちかどうかの基準というのも、はっきりしないのが実状で、ひとつの基準となるのが、「芸能界」、「財界人」、「政治家」といったカテゴリーです。

イルミネーションとLED

  1. イルミネーションとLED|
  2. その他|
街のあちらこちらでクリスマスの時期になると、イルミネーションを見かけます。
今まではほとんどが白熱電球でしたから、触ると少し熱いぐらいでした。
でも最近はほとんどがLEDに代わっています

店の看板の電気程度と同等の電気消費は、意外と電気を消費していないのです。
まさに省エネと宣伝効果を両立させたものになっているのです。

今までは電子機器に使用されてきましたが、最近の省エネの促進によって照明用LEDが大きな需要が出てきたということです。
イルミネーション専用のLEDなども、たくさん出回るようになりました。

今までのランプタイプであれば、電球が切れたりしていましたが、LEDならば寿命が長いですから交換の心配はほとんどないと言っていいでしょう。
省エネはこのような分野からずいぶん進んでいくということなのでしょう。
自分たちにできる省エネの一つと考えてよいのです。

蛍光灯とLED

  1. 蛍光灯とLED|
  2. その他|
LEDの場合は、同じ明るさで蛍光灯の半分以下の電気で済みます。
また寿命は、蛍光灯と異なって格段に長くなっているのです。

製品当たりの価格は、蛍光灯よりも高いのですが、電気代や交換費用を考えてみると、それ程の価格差はないと言えるでしょう。
多少価格が高くても、地球温暖化対策に貢献しているという意識が、LED照明の人気を集めているということでしょう。

これからも新しい製品が次々と出てくると考えられます。
蛍光灯を交換する時には、LED照明を検討してみるのもいいのではないでしょうか。

LEDは照明器具の中では一番電気を消費しません。
ですから、省エネ対策として大きな効果が期待できるのです。
照明と言うものは、日常生活の中でどうしても必要なものです。
家庭内だけではなく、公共施設や街角の街頭などいたるところに照明があります。

ただLED照明は、技術的な問題があります。
蛍光灯は円筒形の構造であり、光はどの方向にも広がっていきます。
一方のLEDは、その物理的な構造から広い範囲を照らすことはできません。
各メーカーではどのようにしてLEDで広範囲を光らせるかという点について、技術を磨いているということです。

次のページ